個室

マンスリーマンションは賃貸物件より割高?

通常の賃貸物件とマンスリーマンションとでは、何が異なるのでしょうか。
まず一般契約の賃貸物件ですが、こちらは通常2年単位での契約となります、つまりその物件に長く住む予定のある人が利用するものなのです。一方マンスリーマンションは、名前の通り月単位で利用できます。2年より短い期間だけ利用するという場合には、マンスリーマンションを利用するのがベストといえるでしょう。
では肝心の料金についてはどうでしょうか。賃貸物件とマンスリーマンションの物件を見ると、家賃相場は圧倒的にマンスリーマンションの方が高いです。たとえば通常契約した場合の家賃が月5万円の部屋でも、マンスリーで契約するとひと月あたり8万円以上かかってしまうこともあります。
一見マンスリーマンションは料金が高く、そう簡単には借りられないイメージを持ってしまいますよね。しかし重要なのが、初期費用がかからないという点です。通常賃貸物件を借りる場合には、仲介手数料や敷金礼金、各種保険料などがプラスされます。しかしマンスリーマンションには敷金礼金はかかりませんし、業者によっては手数料や保険料を徴収しないところもあります。審査も一般的な賃貸物件より通りやすいですので、急ぎで借りたいという方にも向いています。

Contents

  • マンスリーマンションには家具や家電もつく

    マンスリーマンションとはそのまま入ることができるマンションです。つまりは、すぐに入居できるわけです。短期滞在用のマンションであるから、そうしたことができるわけです。具体的に何が優れているのか、といいますとそれは家具家電が揃っていることです。それ…

    MORE

  • マンスリーマンションで気を付けること

    敷金や礼金がかからず、部屋に合ったインテリア家具や電化製品が一式揃っているマンスリーマンションは、気軽な引っ越しに最適です。入居審査は一般的な賃貸に比べて甘いことが多いので、面倒な書類の準備が少ないというメリットもあります。ただ、マンスリーマン…

    MORE

TOP